2019年2月15日 夢を叶えるには大切な基準があるって知っていましたか?
  • ストレスコントロール
  • 哲学

こんにちは。

歯科医式ストレスコンサルタントのDr.Mariです。

 

今日は「夢を叶えるための大切な基準」についてのお話。

 

前回の「ストレスと最期の時」からの続きのお話でしたね。

 

夢を持つことは免疫力を上げる事にもつながる、素晴らしい行為。

想像力を持つ人間だけに許された行為といっても過言ではありません。

 

そんな素晴らしい「夢」ですが、現代は「欲」と混同してしまうことが多いのではないかなぁと私は感じています。

 

「○○が欲しい!」

「こんな生活がしたい!」

「もっとお金が欲しい!」

 

こういった思いは時として、「夢」と言わない方がいい場合もあります。

なぜならば、幸せに夢を叶えるためには基準を守らなければならないからなのです。

 

人間の想いは強いエネルギーです。

 

だから、「欲望」はとても強いエネルギーともいえるでしょう。

 

だからこそ、叶えるときには注意が必要です。

 

クライアントさんのストレスカウンセリングをしていると、

「幸せ」と「欲望の成就」はイコールではないのだなぁ、とつくづく感じます。

 

有り余るお金を持っていても、心が幸せではなく渇望している方

 

他の人からは羨ましがられる生活を送りながらも心が悲鳴を上げている方

 

資産のために、家族関係や健康を害してしまう方

 

そんな方々のお話を聞きながら人が本当の意味で幸せになるためにはやはり、想いを持った時に基準に照らし合わせる必要があるのではないかと私は感じるのです。

 

この夢の基準は東洋哲学の師匠から教えて頂いた基準。

 

1、自分の想いが、自分と人を幸せにできるか。

 

2、自分の想いが、人を不幸にしないか。

 

3、自分の想いが、自らの人格を向上させることができるか。

 

この3つの基準をチェックして、大丈夫な想いを「夢」として持つといいと教わりました。

 

 

あなたの「夢」はどうですか?

 

一度チェックされてみてくださいね。

 

 

「欲」を持つことはもちろん悪い事ではありません。

 

人間ですから、欲はあります。

 

ですが、大きすぎる「欲」

 

これは時として、人生を壊すことになりかねません。

 

自分はそうおもっていなくても、何らかの形で人や自然を傷つけてしまう「欲」のエネルギーは回り回って自分に返ってきてしまうのではないのでしょうか。

 

だから細心の注意を払って、「夢」を扱う必要があります。

 

 

ちなみに「欲」とは

 

「谷の心を欠く」という意味の漢字です。

 

古来中国では、生きとし生けるものを無償で生かし、潤す「谷」(平野も含みます)

 

それを人としての最上の行為として賞賛し、谷神と呼んでいたそうです。

 

そんな愛の溢れる心を欠くことを「欲」といったのですね。

 

 

愛情に裏打ちされた「夢」は自分も人も社会も幸せにしてくれます。

 

ぜひ、皆さんもそんな「夢」を見つけてみてくださいね。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

~ストレスをコントロールしてあなたのパフォーマンスを3倍にアップする~

歯科医式ストレスコンサルタント

Dr.Mari

 

ストレス最前線の医療現場から生まれた
まったく新しいストレスコントロール方法

(一社)国際予防医學推進協会認定(IHP)
ストレスカウンセラー動画説明会 受付中!

「身体ストレス」「心理的ストレス」「環境ストレス」
3つの角度からストレスをコントロールできるプロフェッショナルになりませんか?

詳しくこちら

 

 

無料LINE講座(LINEで受けられる無料レッスン)
「Dr.Mariのストレスコントロール入門編」
↓↓↓
ご登録はこちら

 

2019年内のDr.Mari個別ストレスコンサルは受付終了いたしました。

キャンセル待ちをご希望の方はinfo@aifudo.co.jpへご連絡ください。

2020年のお申込みは2019年10月頃を予定しております。